tour

ジェフリー・バワの建築を訪ねる旅

2018年3月1日(木)〜3月8日(木)/8日間

いま、なぜジェフリー・バワの建築が注目されているのでしょうか。その多くはリゾートホテルです。その秘密を探りにスリランカへ行きませんか。スリランカに点在するバワの建築を短期間で効率よく見てまわるには専用車での移動が便利です。一年で一番過ごしやすいベストシーズンに「ジェフリー・バワの建築を訪ねる旅〈8日間〉」を企画しました。宿泊するホテルはすべてバワが設計または関係したもので、ダンブッラの森の中にある全長1kmのヘリタンス・カンダラマには連泊の予定です。
スリランカに点在するホテル建築が中心ですが、それ以外にもバワが設計した寺院、住宅(No.11)なども見学予定です。3月のスリランカは過ごしやすく、バワの建築はアマンリゾーツが生まれるきっかけになったともいわれ、また隈研吾さんは「建築の時代」が終わり、「庭の時代」がまたやってくるとトンボの本「熱帯建築家 ジェフリー・バワの冒険」で書いています。「旅を編集する」ということをコンセプトにしているので、できるだけご要望にお応えしたいと思っております。
なお、スリランカの世界遺産(ダンブッラ石窟寺院、シギリア・ロック、ゴール・フォート)もコースに入っております。

ヘリタンス・カンダラマ
BAWA.IMG_0426.jpg
BAWA JL.jpg
ジェットウィング・ライトハウス
BAWA-ROUTE MAP.jpg

旅行期間:2018年3月1日(木)〜3月8日(木) 8日間
旅行代金:378,000円(2名1室利用の場合の1名様あたりの料金)
お一人様部屋利用追加料金:70,000円
ビジネスクラス利用追加料金:250,000円(ご利用区間:成田〜コロンボ間)
募集人員:最小催行人数10名様(最大25名様)  最終募集締切:2017年12月14日
添乗員:全行程同行いたします

共同企画:有限会社スズキ e ワークス+株式会社ユーラシア旅行社
旅行取扱:株式会社ユーラシア旅行社/栗山 啓
TEL.03-3265-1900 FAX.03-3265-1395
e-mail:group@eurasia.co.jp
URL: http://www.eurasia.co.jp

全日程パンフ:Download file
ルヌガンガ宿泊オプション・パンフ:Download file

※旅行代金は現在見積中です。コースは回る順序の関係で若干変更の可能性があります。

ジェフリー・バワの建築を訪ねる旅

2017年2月16日(木)〜2月23日(月)/8日間

バワの建築はホテルが多く、個人旅行というかたちがいいかと思います。しかし、スリランカに点在するバワの建築を短期間で効率よく見てまわるには専用車での移動が便利で、そうなると航空費も含め10名程度の団体ツアーのほうが経済的だと考え、「ジェフリー・バワの建築を訪ねる旅〈8日間〉」をユーラシア旅行社さんと企画しました。宿泊するホテルはすべてバワが設計したもので、ダンブッラのヘリタンス・カンダラマ(ラグジュアリー・ルーム)には連泊の予定です。
スリランカに点在するホテル建築が中心ですが、それ以外にもバワが設計した(または関係した)ヴィラ、大学、寺院、国会議事堂なども見学できると思います。2月のスリランカは過ごしやすく、バワの建築はアマンリゾーツが生まれるきっかけになったともいわれ、また隈研吾さんは「建築の時代」が終わり、「庭の時代」がまたやってくるとトンボの本「熱帯建築家 ジェフリー・バワの冒険」で書いています。「旅を編集する」ということをコンセプトにしているので、できるだけご要望にお応えしたいと思っております。

BAWA tour photo.jpg

旅行代金目安:360,000〜円(2名1室利用/エコノミークラス利用の場合)
募集人員:10名(催行最小人数10名)  最終募集締切:2016年12月14日(水)

共同企画:有限会社スズキ e ワークス+株式会社ユーラシア旅行社
旅行取扱:株式会社ユーラシア旅行社/栗山 啓
TEL.03-3265-1900 FAX.03-3265-1395
e-mail:group@eurasia.co.jp
URL: http://www.eurasia.co.jp

パンフ:Download file

中欧建築ツアー 8日間

2015年7月9日(木)〜7月16日(木)/8日間
プラハ、ブルーノ、ウィーン、ブダペストを巡る8日間の旅。この旅の一番の目的は、なんといってもブルーノにあるミースが設計した1930年竣工のトゥーゲントハント邸です。あのクロムメッキの十字柱、美しいオニックスと黒檀の壁、そして電動で床下に引き込まれる庭に面した大きなガラス窓。そのような住宅が今から80年以上も前につくられたのは驚きです。一見の価値ありではないでしょうか。
また、また中欧の4都市を巡るので、ロース、ワグナー、ホラインなどの近現代建築を観ますが、それとプラハではヴラディスラフ・ホール(旧王宮内)やウィーンではシェーンブルン宮殿など、観光地の歴史的名建築も訪ねます。
※出発日は仮です。変更となる場合がございます。

tugendhat2.jpg
tugendhat1930.jpg

旅行費用:¥368,000-(10名以上参加の場合/2名様1室のご利用のお1人様の旅行代金)
※旅行代金は出発30日前の時点での参加人数により決まります。
お一人部屋追加費用:確認中(最小催行人数:10名)
募集人員:10名(最大15名) 最終募集締切:2015年6月12日(金)
海外空港税:13,760円 燃油サーチャージ等別途:¥27,000円
朝食6回、昼食3回、夕食3回/添乗員は同行しません/コーディネーター同行
共同企画:有限会社スズキ e ワークス+株式会社ユーラシア旅行社
旅行取扱:株式会社ユーラシア旅行社/栗山 啓
TEL.03-3265-1900 FAX.03-3265-1395
e-mail:group@eurasia.co.jp
URL: http://www.eurasia.co.jp

パンフ:Download file

北欧の建築を訪ねる旅

初夏の北欧を巡る旅を企画いたしました。
フィンランドのアルヴァ・アアルト、スェーデンのグンナー・アスプルンド、デンマークのアルネ・ヤコブセンの建築作品を主体に、“最も美しい美術館”の一つと呼ばれるルイジアナ美術館や、1994年に20世紀以降の建築としては初めてユネスコ世界遺産に登録されたストックホルム郊外の森の斎場・礼拝堂を訪ねたいと思います。
各所では北欧デザインのインテリアショップなどを訪れる時間を作りたいと思います。
また、デザインホテルにもお泊りいただきます。

2010年6月8日(火)~6月15日(火)/8日間

問い合わせ先:
株式会社トラベルプラン/中野 温
TEL.03-3561-5050
e-mail:nakano@travelplan.co.jp
URL: http://www.travelplan.co.jp

募集要項:ダウンロードする(PDF)

今秋、フィリップ・ジョンソンのグラスハウスを見に行きませんか?

ついでといっては、怒られそうですが、ミースのファンズワース邸、ライトの落水荘まで見ることができます。そして、アート好きな人のためにディア・ビーコンでジャッドやセラの作品を鑑賞することができます。コースを北米に絞り、シカゴ、ピッツバーグ、ニューヨーク、ニューカナンと効率よく回り、日程の6日間となったので経済的な建築ツアーになりました。
ただ、ニューヨークでもう少しのんびりしたい方には延泊も可能にしました。そのため、ニューヨークは自由にコースを決めることができます。独自のプライオリティで旅を編集していただければと思っております。

2009年10月9日(金)~10月14日(水)/6日間

問い合わせ先:
株式会社トラベルプラン/中野 温
〒104-0031
東京都中央区京橋2-8-5 京橋富士ビル
TEL.03-3561-5050
FAX.03-3561-5051
e-mail:nakano@travelplan.co.jp
URL: http://www.travelplan.co.jp


募集要項:ダウンロードする(PDF)

ケルン国際家具見本市&パリ メゾン・エ・オブジェ
ケルン、スイスのズントー建築を訪ねる旅(9日間)

20081001-3.jpg


2009年1月に開催されるケルン国際家具見本市とパリ メゾン・エ・オブジェを視察して、2007年にケルンに誕生した、建築家ピーター・ズントーの聖コロンバ教会ケルン大司教区美術館とブルーダー・クラウス・野のチャペルを見て、スイスにあるヴァルスの温泉に入る建築&アート・ツアーを企画しました。
ケルンからはスイスへは専用車で移動します。途中、ロンシャンの教会やバーゼルの話題の建築などを視察して、ズントーのクールにあるローマ時代遺跡のためのシェルター、マサンスの老人ホームの外観、聖ベネディクト教会、そしてヴァルスのテルメ(温泉施設)ヘ。
オーストリアとスイスの国境近くにあるズントーのブレゲンツ美術館に立ち寄り、チューリッヒからは飛行機でパリへ飛び、パリ メゾン・エ・オブジェを視察、翌日は終日自由行動を楽しむこともできます。

2009年1月18日(日)~1月26日(月)/9日間

アメリカ・アート&建築ツアー2006
──ドナルド・ジャッドの聖地を訪ねる7日間の旅

マーファ1.jpg

ジャッドの聖地、マーファを訪ねてみたい。
ルイス・カーンのキンベル美術館を見てみたい。
ミースのファーンズワース邸の空間を体験してみたい。

訪れる地は、マーファ、フォートワース、そしてシカゴで7日間。
現代美術のジャッド・ファン必見のアート&建築ツアー。
現代建築のミース、カーン・ファンの必見建築ツアー。
世界の美術館巡りは、アートと建築をあわせて鑑賞できる、
1回で2度美味しい企画ツアーです。

企画:鈴木紀慶(建築ジャーナリスト)+株式会社トラベルプラン

日程:2006年11月7日(火)〜11月13日(月) 7日間
旅行費用:380,000〜円(参加人数の関係で若干変更します)
募集人数:20名(最少催行人数15名)

問い合わせ先:株式会社トラベルプラン(酒井春生)
〒106-0032
東京都港区六本木7-7-13
天城六本木ビル1階
sakai@travelplan.co.jp
Tel:03-3403-8911
Fax:03-3403-8395

第3回 企画・鈴木紀慶+海外企画[20世紀建築を見て歩くプロジェクト]

ルイス・カーンのキンベル美術館を訪ねる旅

silanchi.jpgems.jpg
kinbel_in.jpgkinbel_out.jpg

出発日:2003年6月5日(木)〜6月14日(土)10日間
旅行費用:364,000円(一人部屋追加料金:86,000円)
募集人数:20名(最少催行人数10名)
申し込み・問い合わせ:海外企画
03-3263-6685 
kaigai@be.mbn.or.jp

第2回 企画・鈴木紀慶+海外企画[20世紀建築を見て歩くプロジェクト]

フランク・O・ゲーリーの
ビルバオ・グッゲンハイム美術館見学ツアー

tour_pic2.jpg

出発日:2002年7月4日(木)〜7月13日(土)10日間
旅行費用:¥398,000(一人部屋追加料金:¥70,000)
募集人数:20名(最少催行人数15名)
申し込み&問い合わせ:
株式会社 海外企画「20世紀建築を見て歩くプロジェクト2」係
03-3263-6685 kaigai@be.mbn.or.jp


いい建築こそ、まずは体験!!

スペインの一地方都市だったビルバオが、ゲーリーのグッゲンハイム美術館のオープンで、建築&現代美術の新巡礼地となりました。また、カラトラヴァ設計の空港も完成して、世界中から人が押し寄せています。20世紀建築体験ツアーの第2弾は、上記に加えてシザのガリシアン現代アート・センター、ミースのバルセロナ・パビリオン、ガウディの建築、そしてロンドンでは、ヘルツォーク&ド・ムーロンのテート・モダンやノーマン・フォスターの大英博物館グレート・コートを見る予定です。同行者は、雑誌『デザインの現場』連載「モダニズム再発見の旅」の筆者で、建築ジャーナリストの鈴木紀慶さん。
今回の旅では、限られた時間を有効に使い、一人ではなかなか行きづらい中世の巡礼の旅の最終目的地、サンティアゴ・デ・コンポステラをコースに加えました。ここからマドリッドまで、列車(一等・シャワー付き)の旅も体験できます。
バルセロナ、ロンドンでは終日フリー。自分の旅を自由に編集して、自分の足で歩き、20世紀建築を体験するプロジェクトです。

第1回 企画・鈴木紀慶+海外企画[20世紀建築を見て歩くプロジェクト]

ピーター・ズントーのヴァルス温泉施設体験ツアー

出発日:2001年5月30日(水)〜6月8日(金)10日間
旅行費用:¥360,000(一人部屋追加料金:¥57,000)
募集人数:20名(最少催行人数15名)
申し込み&問い合わせ:
株式会社 海外企画「20世紀建築を見て歩くプロジェクト2」係
03-3263-6685 kaigai@be.mbn.or.jp


Go to Top