books

クロニクル 年代記

竹山 実 著

発売:鹿島出版会 発行日:2013年11月15日 定価:2,000円(税別)

クロニクル表1中.jpg

◎竹山実著『そうだ! 建築をやろう』(彰国社 2003)の続編になる「クロニクル 年代記」と、訪問記「チェコの風に吹かれて」という2冊を合本にした本です。B5判正方形、「タテ組」と「ヨコ組」で構成された、全176頁。

「たったひとつの家」を建てたくなったら
 〜11年目の「スズキ不動産〜住宅・別荘編」

今や伝説となった「スズキ不動産〜集合住宅編」展(1999.12/9-12/27、リビングデザインギャラリー)。そして、11年目の「スズキ不動産〜住宅・別荘編」展が、4月22日(木)からOZONEプラザ(3F)で、『「たったひとつの家」と建てたくなったら』と銘打って開催されます。
また、同時に『66人の建築家がつくった「たったひとつの家」』(鈴木紀慶/写真・白鳥美雄)が世界文化社から出版されます。これは、写真家の白鳥さんと組んで7年間にわたり、JCB発行の『THE GOLD』(編集・小学館)で、建築家の住宅・別荘を毎号1件ずつ紹介した連載を1冊の本(A5判、352頁/2,400円+税)にまとめたものです。連載で紹介した81件の住宅・別荘を素材と考え一度シャッフルして、住宅を構造別(RC造、鉄骨造、木造、混構造)に分け、さらに別荘とリノベーションという項目も設け、6つに分類しました。本書は「建築家と家を建てたい」と思った方の家づくりガイドですが、「構造」でも、「デザイン」でも、「建築家」でも選べるようになっています。今回の展示は、この本の発行を記念したものでもあります。
6つの項目のなかから、各項目を代表する施工例として1物件を会場でパネル展示してあります。詳細は、会場に置かれた6冊の本でご覧いただければと思います。なお、会場では本書に収録されていない、other photoで構成された白鳥美雄の「アザーワールド」が放映されています。ぜひとも、ご高覧(笑覧)いただきたくお願いいたします。
なお、拙著『建築家(中村好文)と建てた「小さな家」』(世界文化社)の本の展示も同時開催されます。

タイトル:「たったひとつの家」を建てたくなったら 〜11年目の「スズキ不動産〜住宅・別荘編」
日時:2010年4月22日(木)〜5月11日(水)(19日間・4/28休館日) 10:30〜19:00
場所:東京・新宿 OZONEプラザ 3F 入場無料
URL: http://www.ozone.co.jp/

※オープニング・パーティ/2010年4月23日(金) 19:00〜20:30(OZONEプラザ 3F)

66arcitects.jpg

Amazonで購入する

66人の建築家リスト:
アシハラヒロコ/アトリエ・ワン(塚本由晴 貝島桃代)/安藤邦廣/安藤忠雄/五十嵐淳/石原健也/泉 幸甫/内海智行/遠藤政樹+池田昌弘/大石容一/大江一夫+大江泰輔/小川晋一/大谷弘明/大野正博/川口通正/岸 和郎/窪田勝文/隈 研吾/小泉 誠/郡 裕美+遠藤敏也(スタジオ宙)/小嶋一浩/駒田剛司+駒田由香/後藤哲夫/坂本 昭/佐藤重徳/三分一博志/椎名英三/末廣宣子+末廣香織/鈴野浩一+禿 真哉(トラフ建築設計事務所)/菅 匡史/関根裕司/妹島和世/武井 誠+鍋島千恵(TNA一級建築士事務所)/竹原義二/竹山 聖/團 紀彦/千葉 学/都留理子/手塚貴晴+手塚由比/寺田尚樹/長尾亜子/中谷耿一郎/中村好文/中山英之+名和研二/納谷 学+納谷 新/難波和彦/グエナエル・ニコラ/西沢立衛/西森陸雄/橋本夕紀夫/原 兆英+原 成光(ジョイントセンター)/坂 茂/藤本壮介/藤森照信/堀部安嗣/宮 晶子/宮本佳明/メジロスタジオ(古澤大輔 馬場兼伸 黒川泰孝)/谷内田章夫/矢吹昭良/山口 誠/山下保博(アトリエ・天工人)/山本健太郎/葉 祥栄/横河 健/渡辺 康(あいうえお順/敬称略)

僕の本(『建築家と建てた「小さな家」』)ができたよ

世界文化社から『建築家(中村好文)と 建てた「小さな家」』(鈴木紀慶著)という本が出ました(2010年3月5日発行)。中村さんが設計した「荻窪の家」の家づくりの顚末をまとめたものですが、その後の住み心地、家族のそれぞれの変化など、自分の体験を綴ったものです。現在、ブログにちょこっと、本が出る話を書きました。すべて書き下ろしで、写真も「家庭画報」のカメラマンの撮り下ろしです。中村さんと施主との対談もあり、うまくまとめていただきいい本になったのではないかと思います。家を買いたい方、建てたいと思っている方、建築やインテリアなどに興味がある方に読んでいただければと思っています。家は「買う」よりも「建てる」ほうが大変ですが、せっかく家を手に入れるのであれば、自分の体にあった着心地のいい服をオーダーするように、自分たちの家族にあった家を建てたほうが数倍楽しく、住み心地もいいのではないかと思います。

建築家と…「小さな家」jpg.jpg

Amazonで購入する

「自分の家が欲しい! という強い気持ちはとくにありませんでしたが、ある日何を血迷ったか、建築家に自分の家の設計を依頼してしまいました。土地や資金 など、まだ何のあてもなく、単なる思いつきだったのですが、“建築家と家を建てる”いう宣言をすることで、遠い夢で終わらせないために多分自分にプレッ シャーをかけたのだと思います。ひとりの編集者の家づくりの物語はここからはじまりました」(本文より)

PR誌・社内誌から、社史・自伝・作品集まで作成します。

下の写真の小冊子は、株式会社INA新建築研究所が当初は年4回発行の季刊誌として、弊社が作成したものです。その後、年2回になり、現在は休刊中です。所員の追悼号も含めると6冊発行しています。2号目から、社史ともいえる「INAヒストリー」を対談形式で連載しています。2005年に創立50周年を迎えた同社が、当初わずか5名で始めた設計事務所が300人体制になるまでの歴史を掘り起こし、4回分がすでに収録されいます。このまま書籍にすれば、社史になります。また、「・ing」にはINA本社と全国5支店(現在4支店)と上海支店で、竣工されたプロジェクトが毎号掲載され、ファイリングすればそれがそのまま作品集になるようにシステム編集されています。
このようなPR誌・社内誌をつくりませんか。弊社はヒヤリングして原稿を書き、本にすることもできますので、社史や作品集、その他の雑誌・書籍・サイトをつくるときのお手伝いもいたします。

IMG_1264-1.jpg

2007 SPRING Vol.1〜2008 SPRING Vol.5, 2008 MEMORIAL ISSUE)

『小川晋一/見えないディテール』
(彰国社)

小川晋一_表紙.jpg

ファッションと建築のコラボレーションによって、ショーのためにたった2時間しか存在しない、3m×6m×36mのガラスの家が東京・神宮外苑の絵画館前に出現した。
それが「CALVIN KLEIN+SHINICHI OGAWA」と題された2007年秋冬コレクション“ワールド オブ カルバン クライン”の会場となった「ザ ハウス」である。
通常はプライバシーを保護するのが住宅だが、ここでは視線が逆転してプライベートな空間を周囲から望めるようになっていた。
他住宅18題掲載。小川の「見えないディテール」は「見せないデザイン」でもあり、ニュートラルな空間は表面上なんら変化していないように見えても水面下では確実に進化している。


書名:ディテール10月号(2008年)別冊
   小川晋一/見えないディテール
編著:小川晋一都市建築設計事務所
編集:スズキeワークス
発行:彰国社
判型:A4判 ソフトカバー
頁数:126頁
発行日:2008年10月30日
価格:3,048円(税込価格:3,200円)

『小川晋一/見えないディテール』
(彰国社)

小川晋一_表紙.jpg

ファッションと建築のコラボレーションによって、ショーのためにたった2時間しか存在しない、3m×6m×36mのガラスの家が東京・神宮外苑の絵画館前に出現した。
それが「CALVIN KLEIN+SHINICHI OGAWA」と題された2007年秋冬コレクション“ワールド オブ カルバン クライン”の会場となった「ザ ハウス」である。
通常はプライバシーを保護するのが住宅だが、ここでは視線が逆転してプライベートな空間を周囲から望めるようになっていた。
他住宅18題掲載。小川の「見えないディテール」は「見せないデザイン」でもあり、ニュートラルな空間は表面上なんら変化していないように見えても水面下では確実に進化している。


書名:ディテール10月号(2008年)別冊
   小川晋一/見えないディテール
編著:小川晋一都市建築設計事務所
編集:スズキeワークス
発行:彰国社
判型:A4判 ソフトカバー
頁数:126頁
発行日:2008年10月30日
価格:3,048円(税込価格:3,200円)

『谷内田章夫/集合住宅を立体化ユニットでつくる』
(彰国社刊)

谷内田章夫の.jpg


SQUARESやALTO Bで、12、3年から試みてきた「住居ユニットの立体化」。それが展開して、ヴォイドやのあるフラットやメゾネット(スキップフロアのあるメゾネット)、1.5層へ。さらに、2.5層、1.5層+1層へと展開していった。「集合住宅を立体化ユニットで考え、つくる」、谷内田章夫の建築手法を自ら解き明かした会心の一冊。集合住宅を設計する方々にお薦めの本。

書名:ディテール9月号別冊
   谷内田章夫/集合住宅を立体化ユニットでつくる
編著:谷内田章夫/ワークショップ
編集:スズキeワークス
発行:彰国社
判型:A4判 ソフトカバー
頁数:118頁
発行日:2007年9月10日
価格:2,762円(税込価格:2,900円)

著書

デザイナーズVILLA/24の週末住宅

20070129.jpg

デザイナーズVILLAとは、もうひとつの住まいであり、世界にひとつしかない家である。そして、日々の生活をもうひとつの視点でとらえることができる別宅である。
海や山を眺めて暮らす気持ちのいい別荘もあれば、都心にあるペントハウスのようにスイッチを切り替えてリゾートライフを楽しめる住宅もある。
戦後の住宅難から最小限住居がつくられ、また公団は狭い住戸面積を有効に使うために、ダイニングとキッチンをひとつにしたDKを誕生させた。
しかし、1950年代後半に狭い住環境の中に三種の神器(白黒テレビ、洗濯機、冷蔵庫)が入り込み、高度成長期になるとそこに3C(カー、クーラー、カラーテレビ)が加わり、さらに日本の住まいが狭く混乱した環境になると先進国から「ウサギ小屋」と揶揄された。
だが、「桂離宮」に代表されるように高い住文化に裏打ちされた日本のそれは、しだいに先端技術も生活の道具として取り込み、「和洋折衷」も消化され、日本独自の住まいへと生まれ変わろうとしている。
21世紀は「デザイナーズマンション(建築家の集合住宅)」から、「デザイナーズCASA(建築家の住宅)」、そして「デザイナーズVILLA」へ。スモールハウス(小さな箱)、休暇小屋、茶室、ギャラリー(美術館)、ガラスの家、竹の家など、日本の伝統的な住宅からモダンでハイテクな住宅まで。そこはアナザーワールドであり、もうひとつの生活(余暇)を楽しむための創造空間でもある。
註:ヴィッラ(VILLA)は、イタリア語で都市の郊外に建つ田園的住宅。それとは対照的につかわれるのがパラッツォ(PALAZZO)。パラッツォは都市における裕福な市民の大邸宅、宮殿、官邸、庁舎などをさす。


目次
01 勝浦の別荘  千葉 学(建築家)
02 SEA・SHORE・DRIVE・HOUSE  関根裕司(建築家)
03 熱海・潭亭  川口通正(建築家)
04 軽井沢の別荘/ギャラリー  山口 誠(建築家)
05 那須の山荘  宮 晶子(建築家)
06 バリハウス  郡 裕美(建築家)+遠藤敏也(建築家)
07 ASAMA HUT  中村好文(建築家)
08 MONA HOUSE 神奈川県真鶴町  横河 健(建築家)
09 八郷山荘  安藤邦廣(建築家)
10 軽井沢の別荘  谷内田章夫(建築家)
11 八ヶ岳の家  堀部安嗣(建築家)
12 高過庵  藤森照信(建築家)
13 OTA HOUSE MUSEUM  小嶋一浩(建築家)
14 海と空の間のガラスの家  葉 祥栄(建築家)
15 カーザ・リベラ  西森陸雄(建築家)
16 新大江の住宅  末廣香織(建築家)+末廣宣子(建築家)
17 黒犬荘  アトリエ・ワン
18 CRYSTAL UNIT  窪田勝文(建築家)
19 歩いて10秒の別荘  中谷耿一郎(造園家)
20 八丈島のアトリエ  團 紀彦(建築家)
21 中軽井沢の別荘  渡辺 康(建築家)
22 水平線の家  小川晋一(建築家)
23 白州山荘  メジロスタジオ
24 竹の家 中国北京市  隈 研吾(建築家)

『デザイナーズVILLA 24の週末住宅』(グラフィック社刊)

建築家が設計した別荘や住宅を2年間にわたり、毎号撮影取材して、JCB発行の「THE GOLD」誌に連載していた「リゾートライフを楽しむ another resort life」(写真・白鳥美雄 文・鈴木紀慶/2004年4月号〜2006年3月号)が1冊にまとめられ、グラフィック社から『デザイナーズVILLA─24の週末住宅』として1月に発行されました。

●書籍概要
書名:デザイナーズVILLA─24の週末住宅
写真:白鳥美雄
文:鈴木紀慶
発行:グラフィック社
判型:A4変形(300×225) ハードカバー
頁数:208頁 英訳併記(バイリンガル)
発行日:2007年1月25日
価格:12,000円(税込価格:12,600円)

『20世紀建築ガイド──ヨーロッパ・アメリカ14カ国38都市』

20C_book.jpg

文・写真=鈴木紀慶(美術出版社 2005.6)

「歩くこと、考えること、そして旅を編集するということ」
20世紀少年のための世界の建築ガイドブック

UNITED KINGDOM ロンドン/ビクスリーヒース
FRANCE パリ/ポワシー/ロンシャン
ITALY ミラノ/ローマ/コモ
SPAIN バルセロナ/マドリード/ビルバオ/サンティアゴ・デ・コンポステラ
コラム1──魚を偏愛し、広重の鯉にインスパイアーされたゲーリー
AUSTRIA ウィーン/ブレゲンツ
NETHERLANDS アムステルダム/ロッテルダム/ユトレヒト/デルフト
SWITZERLAND バーゼル/ルッツェルン/ヴァルス/スンヴィッツ
コラム2──谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』にインスピレーションを受けた建築
GERMANY ベルリン/ヴァイル・アム・ライン
FINLAND ヘルシンキ/ユヴァスキュラ/ヴァクセンニスカ/ノーマルック
SWEDEN ストックホルム
DENMARK コペンハーゲン
NORWAY オスロ
U.S.A. ニューヨーク/シカゴ/ロサンゼルス/サンフランシスコ/フォートワース/ピッツバーグ
MEXICO メキシコ・シティ

『THE GOLD』 2004年4月号〜(JCB会員誌)

GOLD.jpg

連載[another resort life:リゾートライフを楽しむ]

撮影=白鳥美雄 文=鈴木紀慶


JCB発行(小学館/企画編集)の『THE GOLD』は、JCBのゴールド会員のための月刊誌で、現在毎号90万部発行されています。

「建築家の住宅シリーズ」の連載「living interior:いいデザインと暮らそう」は好評で、同誌に2年間(2002年4月号〜2004年3月号)続け、昨年小学館から、『24の家』という単行本になって発行されました。


現在は、「建築家の別荘シリーズ」の新連載「another resort life:リゾートライフを楽しむ」(2004年4月号〜)をはじめています。
思わず帰りたくなる家、リフレッシュできる家、元気がでる家、一枚のインテリアの写真を見ることで、読者の心がやすらぎ、一瞬でもホッとしてもらえればと思って、はじめた連載です。
新連載「建築家の別荘シリーズ」では、インテリアから発展し、建物全体を鑑賞していただき、周辺環境とどのようにバランスをとり、風景のなかに美しく納まっているか、そこでの生活を想像し、セカンドハウスでリゾートしているようなくつろいだ気持ちになっていただければ、と願っております。また、建築や住宅に興味をお持ちいただければ幸いです。


第1回(4月号)勝浦の別荘(設計:千葉 学)
第2回(5月号)SEA・SHOR・DRIVE・HOUSE(設計:関根裕司)
第3回(6月号)熱海・潭亭(設計:川口通正)
第4回(7月号)軽井沢の別荘/ギャラリー(設計:山口 誠)
第5回(8月号)那須の別荘(設計:宮 晶子)
第6回(9月号)バリハウス(設計:郡 裕美+遠藤敏也)
第7回(10月号)ASAMA HUT(設計:中村好文)
第8回(11月号)MONA HOUSE(設計:横河 健)
第9回(12月号)八郷別荘(設計:安藤邦廣)
第10回(1月号)軽井沢の別荘(設計:谷内田章夫)
第11回(2月号)八ヶ岳の家(設計:堀部安嗣)
第12回(3月号)高過庵(設計:藤森照信)
第13回(4月号)OTA HOUSE MUSEUM(設計:小嶋一浩)
第14回(5月号)海と空の間のガラスの家(設計:葉 祥栄)
第15回(6月号)カーザ・リベラ(設計:西森陸雄)
第16回(7月号)新大江の住宅(設計:末廣香織+末廣宣子)
第17回(8月号)黒犬荘(設計:アトリエ・ワン)
第18回(9月号)CRYSTAL UNIT(設計:窪田勝文)
第19回(10月号)歩いて10秒の別荘(設計:中谷耿一郎)
第20回(11月号)八丈島のアトリエ(設計:團 紀彦)
第21回(12月号)中軽井沢の別荘(設計:渡辺 康)
第22回(1月号)水平線の家(設計:小川晋一)
第23回(2月号)白州山荘(設計:メジロシタジオ)
第24回(3月号)竹の家(設計:隈 研吾)

著書

『スズキ不動産・集合住宅編—有名建築家物件(デザイナーズマンション)情報1』
 鈴木紀慶(物件評論家)著(ギャップ出版 1999.12) 定価:1,800円+税

suzuki_fudousan1.jpg

総物件情報30件+公営住宅。完全保存版/BRUTUS誌連載の「ブルータス不動産」
有名建築家がつくった選りすぐりの集合住宅物件情報の決定版

1 LAS CASAS 阿部勤/アルテック建築研究所
2 TRINITE 谷内田章夫/ワークショップ
3 RADIAN ワークショップ
4 屯(たむろ) 大野正博/DON工房
5 FH-EAST(ドルフEAST) 元倉眞琴/スタジオ建築計画
6 柿の木坂ハウズ  室伏次郎/スタジオ アルテック
7 RYUGANSOU(R.G.S) 五十嵐久枝/イガラシデザインスタジオ
8 スペースブロック上新庄  小嶋一浩/C+A(シーラカンスアンドアソシエイツ)
9 千里ニュータウンのリフォーム事業 竹原義二/無有建築工房
10 ドッポ・ドマーニ  古暮和歌子/壱岐坂アーキテクツ
11 Loop A 郡裕美+遠藤敏也/スタジオ宙
12 SAIZE(セーズ) 谷内田章夫/ワークショップ
13 ARATA 伊坂重春+佐藤道子/伊坂デザイン工房
14 ライトコートK I.K.A.総合デザイン研究所
15 スマート南青山 佐々木龍郎/佐々木設計事務所
16 LATTICE 野口信彦/ノグチデザイン室
17 BAUMHOUS 古谷誠章/スタジオナスカ
18 CASA TRIADE 矢板久明建築設計研究所
19 SOLANA 21 北岡節男/北岡デザイン事務所
20 SOLANA 21 北岡節男/北岡デザイン事務所
21 ベルデューレU 高橋和郎建築開発研究所
22 RIGATO F 篠原聡子/空間研究所
23 青山居 高橋 一/第一工房+高橋真建築設計事務所
24 テラストリコロール 矢萩喜従郎/キジュウロウヤハギ
25 KAFKA HAUS 渡辺康/渡辺康建築研究所
26 ソワサンテ 四倉周司/四倉周司建築研究所
27 CURVE 6 関一則/パセット+大柳覚/エージーユープラン
28 WADA FLAT 白旗定幸/マナ建築設計室
29 クリサンテ 四倉周司/四倉周司建築研究所
30 CUBE 15 谷内田章夫/ワークショップ

公営集合住宅は未来の住スタイルへの解答なのか。
岐阜県営住宅ハイタウン北方(妹島和世、高橋晶子、クリスティン・ホーリィ、エリ ザベス・ディラー)/茨城県営滑川アパート(長谷川逸子、横須賀満夫)長野市今井 ニュータウン(新井千秋、長谷川逸子、内藤廣、宮本忠長、富永譲、松永安弘、元倉 眞琴、遠藤剛生、他)/白石市営鷹巣住宅(芦原・北山設計企業体、北山恒)

*********************************************************


『スズキ不動産・集合住宅編—有名建築家物件(デザイナーズマンション)情報2』
 鈴木紀慶(物件評論家)著(ギャップ出版 2002.3) 定価:1,800円+税

suzuki-fudousan2-1.jpg

総物件情報30件+リフォーム。完全保存版/BRUTUS誌連載の「ブルータス不動産」
有名建築家がつくった選りすぐりの集合住宅物件情報の決定版

1 LOOPS  谷内田章夫/ワークショップ
2 ドムス柿木1  竹原義二/無有建築工房
3 NSPF(ナガオ・スズキ・ペアー・フィールド) 余川辰哉/和設計+ARBOS
4 SOCIUS SOHO  岩間隆司/ソキウス
5 APERTO  篠原聡子/空間研究所
6 BALCON  木下道郎/ワークショプ
7 puzzle  野口信彦/ノグチデザイン室
8 Le ciel bleu  松森 淳/松森淳建築設計工房
9 ミュージション川越  手塚貴晴+手塚由比/手塚建築研究所
10 JOYCE  アーキテクトファイブ+グルービーデザイン
11 EVA SIDE  塩田能也/インターデザインアソシエイツ
12 RAVINE  塚本由晴+貝島桃代/アトリエ・ワン
13 西葛西APARTMENTS  駒田剛司+由香/駒田建築設計事務所
14 ORIZZONTE  渡辺康建築研究所+g.i.l.建築研究所
15 saito  妹島和世/妹島和世建築設計事務所
16 CASA BIANCA  梅林 克/F.O.B.Association
17 U-SOHO  西濱浩次/コンパス建築工房
18 ミレニアムタワー  玄・ベルトー・進来/(株)玄・ベルトー・進来
19 LIAISON(リエゾン)  谷内田章夫/ワークショップ
20  MONTE(モンテ)  後藤正史/後藤正史アトリエ
21 UNIT(ユニット)  伊坂道子/伊坂デザイン工房
22 Kanon  飯田善彦/飯田善彦建築工房
23 OS duo  増田 奏/SMA
24 クレビス  関根裕司/ARBOS
25 国立 THE α  郡 裕美+遠藤敏也/スタジオ宙(MYU)
26 INSIDE M's  棚橋廣夫+エーディーネットワーク建築研究所
27 Hills M  納谷 学+納谷 新+飯沼安裕/納谷建築設計事務所+飯沼アトリエ
28 F/Flat  若林 均/若林均建築設計事務所
29 AIR ALLEY  杉 千春+高橋真奈美/プラネットワークス
30 CAPRICE(キャプリース)  佐々木龍郎/佐々木設計事務所

「有名建築家が設計したリフォーム施工例2題とコーポラティブハウス、公団仕様賃貸住宅、分譲タウンハウス」も同時収録!
1 若杉邸(鎌倉ビューパレス)  小泉誠/コイズミスタジオ(リフォーム)
2 石神井台のマンション  中村好文/レミングハウス(リフォーム)
3 米谷邸 米谷裕史(リフォーム)
4 パオ・コンパウンド  齋藤祐子/SITE(公団仕様賃貸住宅)
5 コートデコ田園調布  木村丈夫/タオ・アーキテクツ(分譲タウンハウス)

*********************************************************

『建築家と家を建てたい』 
鈴木紀慶著(朝日出版社 2001.12) 定価:2,400円+税

kenchikukatoiewotatetai-1.jpg

快適空間に暮らすことをのぞむ、すべてのひとへ。はじめての親切+実践マニュアル
建築家と家を建てた 施工例15題
家を頼むならこの人。実力派建築家リスト104人!

1.建築家と家を建てる
(1)家を建てたいと思う年齢/(2)妻たちに、家づくりはまかせてはおけない/(3)なぜ、デザイナーズマンションはブレイクしたか/(4)日本人の住まいのここが変だよ!/(5)サンダーバードハウスの憂鬱/(6)ちょっと気になるメーカーハウスの行方/(7)家を建ててくれるのは誰?/(8)建築 家と建築士は、どう違うの?/(9)建築家をどうやって、選んだらいいの?
2.建築家に設計を依頼する前に
(1)衣食住のバランスを失った日本人/(2)集合住宅「間取り」進化論/(3)体が個室化、nLDK 化してしまった人/(4)ハレが消え、ケだけになった住まい/(5)あなたはどういう家に住みたいのか/(6)お父さんの「夢の丸太小屋」/(7)戦後の最小限住居に学ぶ/(8)テレビがなくなれば家は広くなり、時間も有効に使える
3.建築家と家を建てたい
(1)まずは土地探し、それとも建築家探し/(2)インターネット活用法/(3)なぜか、悲しくなる土地探し/(4)どこに住んだらいいのか/(5)無印良品のような「箱の家」/(6)作品としての住宅には住めない
4.建築家と家づくりを楽しむ
(1)建築家に手紙を書こう/(2)家づくりの答えはひとつじゃない/(3)100%リサイクル住宅ができれば/(4)「みんなのいえ」ではなく、「わたしのいえ」にするために/(5)町医者に喩えられる建築家/(6)家族とともに成長する家/(7)親子何代にもわたって住み続けられる家

建築家と家を建てた施工例15題
1.そして、プランからリビングが消えた。 
 ZIG-ZA 設計/井上搖子
2.スーパーフラットな空間。開放感のある「閉じられた住宅」。
 ナチュラルイルミナンス 設計/遠藤政樹+池田昌弘
3.建築面積わずか7坪、土地への愛着心に応える建築。
 千住の極限住居 設計/川口通正
4.キッチン中心主義、歳をとったら都市に棲みたい。
 OMNI QUARTER 設計/北山 恒+architecture WORKSHOP
5.9坪の家。夢を育む地下室のスタディルーム。
 梅ヶ丘の住宅 設計/佐藤光彦
6.ワンルームにも3分割にもなるシンメトリー住宅。
 男女個用機械均等法の家 設計/白川直行
7.20代で都心に家を持つ。夢を実現するスモールテクノロジー。 
 ちっちゃな家#4 設計/杉浦伝宗
8.敷地との関係から生まれた開放系都市住宅。
 ミニ・ハウス 設計/塚本由晴+貝島桃代/アトリエ・ワン
9.青空を独り占めできる露天風呂のある中庭型平屋住宅。
 八王子の家 設計/手塚貴晴+手塚由比
10.スキップフロアをつなぎ、家族をつなぐ光溢れる階段。
 扇ガ谷の家 設計/中村好文
11.開かれた箱の一室空間が、家族の絆になる。 
 箱の家#17 設計/難波和彦
12.建築家とインテリアショップが提案する商品化住宅。 
 F.O.B HOMES 設計/F.O.B ASSOCIATION
13.生活が楽しくなるアベニュー(テラス)がある家。 
 小暮邸 設計/室伏次郎
14.東京に住む。それはスリムに暮らすということ。
 東京の家 設計/山下秀之
15.30年前の核家族ではなく、現代の非核家族のために。
 NT 設計/渡辺真理+木下庸子

あとがき

巻末付録
家を頼むならこの人。実力派建築家リスト104人!
秋山東一/東孝光+東利恵/阿部勤/阿部仁史/荒木毅/飯田善彦/井川貴史/伊坂重春+佐藤道子/石井修/石上申八郎/石橋利彦+徳川宜子/泉幸甫/伊東豊雄/井上搖子/今村雅樹/岩間隆司/梅林克/遠藤政樹/大野正博/奥山信一/柿沼守利/鴨ツトム/川口通 正/岸和郎/北岡節男/北山恒/木下道郎/隈研吾/倉本龍彦/玄・ベルトー・進来/小泉誠/郡裕美+遠藤敏也/古暮和歌子/小嶋一浩/小平惠一/後藤正史/小西恵/小林裕美子/駒田剛司+駒田由香/坂本昭/佐々木龍郎/佐々木正明/佐藤重徳/佐藤光彦/椎名英三/篠原聡子/白川直行/白旗定幸/杉浦伝宗/杉千春+高橋真奈美/鈴木孝紀/関根裕司/高崎正治/高橋晶子+高橋寛/高橋和郎/高橋真/高松伸/武田光史/竹原義二/竹山実/玉 置順/巽順/千葉学/趙海光/塚本由晴+貝島桃代/手塚貴晴+手塚由比/富樫克彦/長田直之/中村好文/納谷学+納谷新/難波和彦/西沢立衛/西濱浩次/野口信彦/野田俊太郎/長谷川逸子/早川邦彦/林俊彦/古谷誠章/前田光一/増田奏/松本大/みかんぐみ/宮晶子/宮本忠長/宮本佳明/室伏次郎/元倉眞琴/矢板久明/谷内田章夫/矢萩喜従郎/矢吹昭良/山崎健一/山下秀之/山本圭介+堀啓二/山本英明/余川辰哉/葉祥栄/横河健/吉村篤一/四倉周司/若林広幸/渡辺真理+木下庸子/渡辺康(五十音順)

*********************************************************

『24の家──建築家と建てた夢を育む住まい』
撮影=白鳥美雄 文=鈴木紀慶(小学館 2004.10) 定価:2,300円+税

24house_books.jpg

こころが澄む。 中村好文/湘南の家 神奈川県鎌倉市
自然と対話する。 川口通正/穴居人 東京
夢のかたち。 岸 和郎/深谷の家 埼玉県深谷市
白いかげり。 坂本 昭/白翳の家 大阪府箕面市
身近に感じる自然。 竹原義二/箱作の家 大阪府阪南市
屋根の上で楽しむ。 手塚貴晴+手塚由比/屋根の家 神奈川県秦野市
気持ちのよい平屋。 横河 健/赤堤の家 東京都世田谷区
自然を崇める。 後藤哲夫/Asian Gate House 沖縄県島尻郡
爽やかな白い箱。 小川晋一/White Cube  広島県広島市
清楚なうつわ。 小泉誠/スミレアオイハウス  東京都三鷹市
反転する内と外。 椎名英三/光の森  群馬県前橋市
カフェで憩う。 内海智行/nooks  埼玉県新座市
床に親しむ。 大野正博/稔台の家  千葉県松戸市
やわらかい仕切り。 泉 幸甫/Apartment 鶉  東京都豊島区
空気をまとう。 三分一博志/エアー・ハウス  山口県萩市
森に住む。 堀部安嗣/軽井沢の家  長野県佐久郡
建築を楽しむ。 坂 茂/ガラスシャッターの家  東京
自然と戯れる。 末廣香織+末廣宣子/佐伯の住宅 大分県佐伯市
甦える民家。 矢吹昭良/八尾の家 大阪府八尾市
海を楽しむ。 梅林 克/BEACH HOUSE 千葉県富津市
箱に住む。 難波和彦/箱の家-71 東京都調布市
淡い光。 隈 研吾/PLASTIC HOUSE 東京都目黒区
聖なる場。 竹山 聖/安城のスタジオ 愛知県安城市
夢の箱。 安藤忠雄/4×4の家 神戸市垂水区
24人の建築家リスト

*********************************************************

『20世紀建築ガイド──ヨーロッパ・アメリカ14カ国38都市』
文・写真=鈴木紀慶(美術出版社 2005.6)

「歩くこと、考えること、そして旅を編集するということ」
20世紀少年のための世界の建築ガイドブック


20C_book_books.jpg


UNITED KINGDOM ロンドン/ビクスリーヒース
FRANCE パリ/ポワシー/ロンシャン
ITALY ミラノ/ローマ/コモ
SPAIN バルセロナ/マドリード/ビルバオ/サンティアゴ・デ・コンポステラ
コラム1──魚を偏愛し、広重の鯉にインスパイアーされたゲーリー
AUSTRIA ウィーン/ブレゲンツ
NETHERLANDS アムステルダム/ロッテルダム/ユトレヒト/デルフト
SWITZERLAND バーゼル/ルッツェルン/ヴァルス/スンヴィッツ
コラム2──谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』にインスピレーションを受けた建築
GERMANY ベルリン/ヴァイル・アム・ライン
FINLAND ヘルシンキ/ユヴァスキュラ/ヴァクセンニスカ/ノーマルック
SWEDEN ストックホルム
DENMARK コペンハーゲン
NORWAY オスロ
U.S.A. ニューヨーク/シカゴ/ロサンゼルス/サンフランシスコ/フォートワース/ピッツバーグ
MEXICO メキシコ・シティ

連載

・「ブルータス不動産」
  『BRUTUS』誌(マガジンハウス No.402 1998.1/15〜)
・「歩くこと◆考えること モダニズム再発見の旅」
  『デザインの現場』誌(美術出版社 1998.6月号〜現在連載中)

『THE GOLD』 2004年4月号〜(JCB会員誌)
  連載[another resort life:リゾートライフを楽しむ]

GOLD _books.jpg


第1回(4月号)勝浦の別荘(設計:千葉 学)
第2回(5月号)SEA・SHOR・DRIVE・HOUSE(設計:関根裕司)
第3回(6月号)熱海・潭亭(設計:川口通正)
第4回(7月号)軽井沢の別荘/ギャラリー(設計:山口 誠)
第5回(8月号)那須の別荘(設計:宮 晶子)
第6回(9月号)バリハウス(設計:郡 裕美+遠藤敏也)
第7回(10月号)ASAMA HUT(設計:中村好文)
第8回(11月号)MONA HOUSE(設計:横河 健)
第9回(12月号)八郷別荘(設計:安藤邦廣)
第10回(1月号)軽井沢の別荘(設計:谷内田章夫)
第11回(2月号)八ヶ岳の家(設計:堀部安嗣)
第12回(3月号)高過庵(設計:藤森照信)
第13回(4月号)OTA HOUSE MUSEUM(設計:小嶋一浩)
第14回(5月号)海と空の間のガラスの家(設計:葉 祥栄)
第15回(6月号)カーザ・リベラ(設計:西森陸雄)
第16回(7月号)新大江の住宅(設計:末廣香織+末廣宣子)
第17回(8月号)黒犬荘(設計:アトリエ・ワン)
第18回(9月号)CRYSTAL UNIT(設計:窪田勝文)
第19回(10月号)歩いて10秒の別荘(設計:中谷耿一郎)
第20回(11月号)八丈島のアトリエ(設計:團 紀彦)
第21回(12月号)中軽井沢の別荘(設計:渡辺 康)
第22回(1月号)水平線の家(設計:小川晋一)
第23回(2月号)白州山荘(設計:メジロスタジオ)
第24回(3月号)竹の家(設計:隈 研吾)


Go to Top